風が強く吹いている日、なんとなく外に出るのが嫌で布団にくるまってたら、いつの間にか夕方になっていた。洗濯やトイレに立ち上がっているので断続的ではあるけれど、15時間眠ったことになる。普段の休日は、なぜか平日より早く起きることが多い。これに関しては強迫観念みたいなものなので半ば諦めている。この日は珍しく長時間眠ることができたので、時間を無駄にした気持ちよりも達成感のようなものが勝った。以前に友人に教えて貰った話で、その友人が大学時代に入っていたサークル内に「眠り姫」という女性がいたらしい。なんでもほとんどの時間を睡眠に費やしている女性で、この話を膨らませようと思ったんですがあまり覚えてないのでこれ以上は書けない。ごめん。
睡眠のしすぎで頭がぼやけた状態のまま外に出ると、すでに西日が傾いていた。何の成果もなく終わろうとしているこの一日に、何か価値をつけたいと思ってあてもなくうろついていると、近所の運動公園のグラウンドで少年野球のチームがミーティングしているところに出くわした。しばらく歩いたところに古本屋があり、特に探しているものもないのだけれど入ってみたら50%OFFセールの表記があった。しかしよく見ると50%OFFセールの開催日は来週だったので、目星をつけるだけにとどめて1冊だけ本を買った。店内物色中、店主のオヤジが古本をごっそり持ってバックヤードに消えていくのが見えたので、貴重な本はセール日には出ていないのだろう。昨年の秋ぐらいから買おうか悩んでいるダダの本が来週店頭に出ていれば、この機会に買ってしまおうと考えている。
古本屋を出て、普段通らない住宅街を抜けてスーパーマーケットへ行き、期限の近いバターを安値で買った。家に帰って釜バターうどんのようなものを作ったけどあまり美味しくなかった。調べると「うどん玉」で作ると不味く、「冷凍さぬきうどん」で作ると劇的に美味いものになるらしい。奥が深い。

夜は20時に布団に入って、21時ぐらいに眠った。前述の15時間に、日付が変わるまでの3時間を足して、この日は1日のだいたい4分の3を寝て過ごしたことになる。