姫路

共著している冊子を構成する紙を買うために、姫路のでっかい画材屋へ向かいました。この画材屋へ行くのは生涯で2度目です。我が家の近所にはない規模のお店で、体感的にはだいたいIKEAとか東京ドームと同じぐらいの大きさです。奥の方にキャンバスがあったり、水彩画用のでっかい紙を置いているコーナーがあって、その横には印刷用紙を置いているコーナーがあります。我々が目的にしているのは殆どその紙モノのあたりなので、他に何が売っているのかをよく知りません。印刷用紙は大体手頃な価格で売っていますが、中には1枚80円もする蛍光色の紙などもあり、僕のような貧民には買うことができません。あとインクが載らない金色・銀色の紙もあったんですが、なんせインクが載らないので使い所に悩み、買うのは控えました。質感の違う4種類の紙を20枚ずつ、合計80枚買ってレジに向かうと、レジの女性が枚数の確認を始めました。僕は「今回僕が選んだ紙はどれも滑りやすいから、この女性はご自身の指をペロッと舐めて『指お湿り(ゆびおしめり)』の状態を作ってから数えるにちがいない」と思い込んでいたのですがその女性は指を湿らすことなく正しい枚数をカウントしました。いささか寂しかったですが、もともと手指が湿りやすい方だと仮定して、興奮するように努力しました。難しかったです。

- - - - - - - -

神子畑選鉱場は見学ポイントは少ないながらも見ごたえのある場所でした。敷地内にある「ムーセ旧居」は鉱山稼働中に実際に医療所として使われていた西洋の館です。天井の高さや窓ガラスのテイストなど、日本らしくないポイントがいくつもあります。そういえばダリオ・アルジェントが監督した「サスペリア」という映画はバレエの学校が舞台なのですが、幼い主人公を演じるキャストの背丈を低く見せるため、わざとドアノブなどを高い位置に取り付けたセットが作られたそうですが、この話とは特に関係ありません。建物の中ではチャキチャキしたマダムがスタッフとして幅を利かせています。選鉱場周辺の模型をしげしげ眺める僕らに逐一説明をしてくれました。「当時は映画館が1軒あり、鉱員にとっての娯楽施設はそれしかなかった」とマダムが教えてくれました。同行した知人はその場では「そうなんですね」と相槌を打っていましたが、マダムと別れて外に出て、上空で旋回する鷹を見つめながら「ぜったい風俗店もありましたよね…」と言いました。僕は「そうですね」と相槌を打ちました。
ムーセ旧居から少し歩いたところに「神子畑小学校体育館跡」があります。明治33年に創立した小学校で、最盛期には200名以上の子どもたちが通っていた学校があったらしいですが、現在は体育館と草ボウボウのグラウンドしかありませんでした。体育館は資材置き場か何かに使われているのか、ブルーシートをかぶせられた何かがゴロゴロしていました。我々は板の割れ目や穴にレンズをあてがって内部を撮影しました。のぞきの手法で撮影された内部は、おぼろげながらそれなりにキレイでした。